年中無休 無料大駐車場完備 定員入替制
富山市飯野19 TEL(076)451-8219

※予定が変更となる場合もございますので、テレホンサービスでご確認下さい。

12月31日(土)~2月4日(金)  
1月  2月 
31 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 2 3 4
  中島みゆき Concert「一会」 恋妻家 宮本
動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー
  オアシス:スーパーソニック  
君の名は。        沈黙/サイレンス
  新宿スワンⅡ
バイオハザード ザ・ファイナル(2D吹替)                                 
  ドクター・ストレンジ (2D吹替)
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2D吹替)    
仮面ライダー 平成ジェネレーションズ      マグニフィセント・セブン 
海賊とよばれた男  
土竜の唄 香港狂騒曲   
モンスターストライク  湯を沸かすほどの熱い愛     
妖怪ウォッチ3       
ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー(2D吹替)

2月公開予定作品
2月3日(金) 『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』 (2D吹替)
 2月11日(土)  『相棒 Ⅳ 』
2月18日(土) 『アイヒマンを追え!ナチスがもっとも畏れた男』
2月24日(金) 『トリプルX :再起動』 
2月25日(土) 『ジギー・スターダスト』
2月25日(土) 『ドント・ブリーズ』

入場料金表 
*一 般(大人) 1,700円
*学 生大学生・専門生) 1,500円
*小 人 (幼児(3歳以上)・中学生以下) 1,000円
*シニア(60歳以上) 1,100円
*高校生(学生証をご提示下さい) 1,000円
*ハンディキャップ(付き添い1名様まで同料金) 1,000円

割引サービス情報
割引サービスがグレードアップ!チケットは3日前よりお求め頂けます。
カップルデイ〈毎週月曜日〉男女お2人様で ¥2,200 大10会デイ〈毎月10日〉 ¥1,100
レディースデイ〈毎週火曜日〉 ¥1,100 ファーストショー〈平日初回〉 ¥1,300
 NEW シネマミルカデイ(毎週水曜日 ¥1,100 レイトショー〈夜8時以降〉 ¥1,300
メンズデイ〈毎週木曜日) ¥1,100 シニア〈60歳以上〉 ¥1,100
学割デイ〈大学生/専門生・毎週土曜日〉 ¥1,100 ハンディキャップ〈付添の方1名も〉 ¥1,000
映画ファンサービスデイ〈毎月1日〉 ¥1,100 夫婦50割(どちらかが50歳以上お2人様で)  ¥2,200
とやま県民家庭の日〈毎月第3日曜日〉 ¥1,100    

*3D作品は鑑賞料金にプラス400円】となります。
 (メガネ持参で100円割引になります)
  
★★★子供用3Dメガネもあります★★★
*
プレミアシート
プラス200円】となります。
  (シアター1・2の一部)

●詳しい上映時間は北日本・読売・富山・北陸中日各新聞の映画欄でご覧下さい。


1月のラインナップ 
中島みゆき Concert「一会」 <県内独占上映> 特別一律料金 2,500円
公開日 1月7日(土)~27日(金) 
監督
CAST 中島みゆき ほか
STORY 2015年11月12日から2016年2月11日にかけて.東京と大阪で計15回開催され、約6万人を動員した「中島みゆきConcert「一会」(いちえ)2015~2016」が、2017年1月7日劇場版となり、全国の映画館で上映決定!ミリオンヒット曲『旅人のうた』「浅い眠り」、NHK連続テレビ小説iマッサン」主題歌で、今や中島みゆきの代名詞ともなった「麦の唄」など、新|日.またシングル曲にこだわらず、中島みゆきが“今こそ聴いて欲しい曲'20曲を、圧巻の歌唱で披露した最新コンサートを、あたかも会場の最前列こいるかのような臨場感で体感できる賁重な機会をお見逃しなく!<2016年/150分/日本>
湯を沸かすほどの熱い愛<3週間限定・県内独占上映>
公開日 1月7日(土)1月27日(金)
監督 中野量太
CAST 宮沢りえ、杉咲花、オダギリジョー、松坂桃李、伊東蒼 ほか
STORY 銭湯「幸の湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔(しゅっぽん)し銭湯は休業状態、母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく、家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる・気が優しすぎる娘を独り立ちさせる・娘をある人に会わせるその母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく、そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。<2016年/125分/日本>
オアシス:スーパーソニック
  公開日 1月14日(土)
 監督 マット・ホワイトクロス
CAST リアム・ギャラ力一、ノエル・ギャラガー ほか
STORY イギリスの世界的ロックバンド「オアシス」の初のドキュメンタリー映画、1991年に兄ノエルが弟リアムのバンドに加入して「オアシス」が結成されてから、2日間で25万人を動員した96年の英ネブワースでの公演までの軌跡。
<2016年/122分/イギリス>
動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 〈特別入場料金 大人1,200円・小人800円>
公開日 1月14日(土)
 監督 竹本昇
CAST 中尾暢樹、柳美稀、南羽翔平、渡邉剣、立石晴香、國島直希 ほか
STORY 2017年、スーパー戦隊大進撃!日本が世界に誇るスーパー戦隊シリーズは、通算40作到達×2000回放送という、Wアニバーサリーを迎えた。そのトップバッターに相応しい、2つのスーパー戦隊が豪華共演を果たす。
<2017年/62分/日本>
新宿スワンⅡ 
公開日 1月21日(土)
 監督 園子温
CAST 綾野剛、浅野忠信、伊勢谷友介、深水元基、金子ノブアキ ほか
STORY スカウト会社一新宿バーストのエース格となった白鳥龍彦は、勢力拡大を目論む社長・山城の命により、幹部の関玄介と共に横浜へと送り込まれる。しかしそこは、タキと呼ばれる男が支配する難攻不落の王国だった。早々に手荒い洗礼を受ける龍彦たち。警察やヤクザとも裏取引をするタキの謀略によって窮地に陥った新宿バーストは、龍彦を破門することで事態を回避しようとする。「オレは歌舞伎町の番犬だ。この街守るためだったら何でもすんだよ!」孤立無援となった龍彦は今、逆襲の狼煙をあげる!
<2016年/133分/日本>          
◆沈黙/サイレンス
公開日 1月21日(土)
監督 マーティン・スコセッシ
CAST アンドリュー・ガーフィールド、リーアム・ニーソン、アダム・ドライバー、窪塚洋介 ほか
STORY 17世紀の江戸初期。棄教したとされる師の真実を確かめるため、ポルトガルから日本へ向かった若き司祭のロドリゴとガルペは途中、立ち寄ったマカオで日本人のキチジローと出会い、彼の案内で長崎へと辿り着く。彼らがそこで目にしたのは想像を絶するような事実だった。やがてロドリゴも長崎奉行に捕らえられ、棄教を迫られる。
<2016年/165分/アメリカ>
◆マグニフィセント・セブン
公開日 1月27日(金)
監督 アントワーン・フークア
CAST デンゼル・ワシントン、クリス・プラット、イーサン・ホーク、イビョン・ホン、ヴィンセント・ドノフリオ、マヌエル・ガルシア=ルルフォほか
STORY 冷酷非道な悪漢バーソロミュー・ ボーグに支配された町で、彼に家族を殺されたエマは賞金稼ぎのサム、ギャンブラーのジョシユなど荒れ果てた大地にやってきた〈ワケありのアウトロー7人〉を雇って正義のための復讐を依頼する。最初は小遣い稼ぎのために集められたプロフェッショナルな即席集団だったが、圧倒的な人数と武器を誇る敵を前に一歩もひるむことなく拳銃、斧、ナイフ、弓矢などそれぞれの武器を手に命がけの戦いに挑んでいく。
<2016年/133分/アメリカ>
◆ドクター・ストレンジ <2D吹替>
公開日 1月27日(金)
監督 スコット・デリクソン
CAST ベネディクト・カンバーバッチ、キウェテル・イジョフォー、レイチェル・マクアダムス、ベネディクト・ウォン ほか
STORY 上から目線の天才外科医ドクター・ストレンジ。突然の交通事故により、神の手を失った彼を甦らせたのは一魔術。指導者エンシェント、ワンのもと、過酷な修行をかさね人智を超えた力を手にしたストレンジだったが、世界を破滅へと導く闇の魔術の存在を知ったとき、彼は壮絶な魔術の戦いに巻きこまれてゆく。しかし、”人を決して傷つけない”医者としての信念が、敵であってもその命を奪うことをためらわせる。彼は、いかにして闇の魔術に立ち向かい、人々の命を救うのか?ドクター・ストレンジにしかできない、常識も次元も超えた戦いが始まる。
<2016年/115分/アメリカ>
◆恋妻家 宮本
公開日 1月28日(土)
監督 遊川和彦
CAST 阿部寛、天海祐希、菅野美穂、相武紗季、工藤阿須加、早見あかり、奥貫薫
佐藤二朗、冨司純子、入江甚儀、佐津川愛美、浦上晟周 ほか
STORY 結婚生活も25年が経ち、子どもも独立の時を迎えた宮本陽平と妻・美代子は、久々のふたりきりの生活に戸惑う。ある夜、陽平は妻の記入欄がすべて書き込まれた離婚届を発見する。浮気もせす真面目に働き、自分には何の問題もないと思っていた陽平は動揺する…。
<2017/117分/日本>